メニューをスキップします

一般財団法人 自然環境研究センター

トップ > 業務案内 > 自然環境情報の収集・整理

ここから本文です

自然環境情報の収集・整理

自然環境の保全等のためには、まずは現状を的確に把握することが重要です。このため、自然環境の現状と時系列・空間的変化をとらえるための調査やモニタリングにより、科学的かつ客観的なデータを収集する必要があります。また、日本全国における野生動植物や自然環境の現況・変化といった基礎情報は、国の自然環境行政を推進する上で大変重要です。さらに、科学的知見に基づく施策の実施や、地域における生物多様性の保全活動を推進するうえで必要な各種研究や技術開発も重要となります。

当センターでは生物多様性の状況を科学的に評価するための基礎的な自然環境情報等の収集・整理に深く関わってきました。

 

 

ページの先頭へ