メニューをスキップします

一般財団法人 自然環境研究センター

トップ > 採用情報 > 先輩の声

ここから本文です

先輩の声

大原 佑太 第1研究部所属 2015年採用

専門外の分野を伸ばす機会

学生時代に植生について学び、保全に関わる仕事がしたいと思い入所しました。現在は主に鳥獣管理や哺乳類を扱う部署に所属し、哺乳類調査や草食動物(ニホンジカ、小笠原ではノヤギ)が植生に与える影響について、専門性を活かしながら調査しています。哺乳類調査は専門外のため、初めは不安をおぼえましたが、先輩・専門家のご指導を受けながら業務を進めていくのはとても楽しく、勉強になります。

小林 喬子 第1研究部所属 2014年採用

育児と仕事のバランスをとりながら働ける職場

入所5年目に産育休を取得し、現在は時短勤務で働いています。復職後もこれまで携わってきた大型哺乳類の保護管理業務に関わっています。主な仕事は、事務所内で行える業務の計画立案や現地で取得したデータの解析などです。また、現地で実際に調査を行うことは難しいですが、プロジェクトスタッフが円滑に調査を実施できるよう事前準備などのサポートを行っています。これまでと働き方が変わったことで、新しい業務にも挑戦したいと思っています。育児と仕事のバランスをとりながら働ける職場だと思います。

林 優季 第1研究部所属 2018年採用

自分の力になる業務

私は獣医師として、特に野生動物の生息域内保全に携わりたいと考え入所しました。
自然研では、野生動物に関して非常に幅広い分野の仕事ができることが大きな魅力だと感じています。昨年度だけでも、ツキノワグマの生息密度調査やニホンジカの捕獲業務をはじめ、災害や鳥インフルエンザの発生を想定した訓練の運営、野生鳥獣の愛玩飼養捕獲についての情報収集など、業務を通して様々な角度から野生動物について考える機会がありました。
分野が多岐にわたるため、業務をこなしていくことを大変に感じることもありますが、日々、業務のひとつひとつが自分の力になっていることを実感しています。

川口 敏典 第1研究部所属 2016年採用

国内外のことにも幅広く関われる魅力的な職場

海外業務では、自身の語学スキルを活かして、国際条約の会議への出席や生物多様性をめぐる国際的な議論や動きの調査などを行っています。学生時代は哺乳類の行動生態学を専門としていたこともあり、海外業務だけでなく、時折野外調査に出かけつつ日本国内の鳥獣の管理に関する業務にも携わっています。自分の専門分野と少し違う業務も多いので、必要に応じて勉強して自分の知識やスキルを増やす過程も楽しみつつ仕事に関わっています。
海外のことも日本国内のことにも幅広く関わりたいという欲張りな方にとっても、魅力的な職場だと思います。

辻井 健太郎 第2研究部所属 2015年採用

様々な知識を活かせる職場

学生時代は昆虫について学び、現在は昆虫や外来生物に関する業務を中心に携わっています。専門外の分野に関わる事もあり、新たな知識と技術を得ながら自然環境と向き合っています。現場で得られる情報に加え、自然研職員、専門家、行政関係者、地域住民と一緒に仕事をすることで得られる知識や経験も無数にあります。それらを活かして様々な仕事に取り組み、社会に貢献する事に加え、自然の偉大さと面白さを改めて実感できる事が魅力の一つです。

猿田 朝久 第2研究部所属 2018年採用

様々な技術を身に着けて仕事に投入する

業務では主にGIS(地理情報システム)を用いて、小笠原諸島の兄島に侵入したグリーンアノールの分布状況を可視化・分析しています。最近ではドローンで撮影した動画によるアノール探索や、ディープラーニングを用いたアノール自動判別も行っており、日々進化するアノール対策の技術に追い付くことに苦労しています。
私自身が兄島の現場に行くのは1年に20 日程度と少ないですが、兄島では365 日欠かさずアノールの分布拡大を食い止めるための防除作業が行われています。兄島でアノール防除作業を行っている方々のために、さらには、小笠原の自然環境保全のために、私に何が出来るかを日々考えています。

村上 勇樹 第2研究部所属 2019年採用

日々知識を広げつつスキルアップを目指せる

学生時代は動物生態学について学び、現在は主に小笠原諸島における生態系の保全や外来生物対策に関する業務に携わっています。業務では自身の専門性を活かせるだけでなく、専門外の分野の仕事にチャレンジできる機会も多く、日々知識を広げつつスキルアップを目指すことができます。千変万化する自然が相手の仕事ですので、いずれの業務も一筋縄ではいきませんが、実際に自然に触れて得たデータをもとに、研究者や行政関係者、地域住民の方々と共に保全事業を進めていくことは大きなやりがいになっています。

入口 友香 第2研究部所属 2019年採用

豊富な知識と経験を得られる

大学院で学んだ知識と経験を活かし、研究者と行政関係者の架け橋のような存在になりたいと考え、自然研に入所しました。
自然研では魚類を主として、レッドリストの作成や保護増殖事業等の希少種保全に関わっています。検討会や野外調査、専門家へのヒアリングなど業務は多岐にわたり、専門的な知識が必要な場も多く大変なこともありますが、その分やりがいや楽しさを感じます。
最近では、専門外の分類群の業務に関わらせてもらうことも多くなりました。自分の専門に限らず、幅広い業務に携わりながら豊富な知識と経験を得られることが、自然研の魅力の一つだと思います。

山下 晃司 第2研究部所属 2021年採用

非常にやりがいを感じられる職場

私は他業種からの転身です。
趣味の登山がきっかけで、ニホンジカによる高山植物への食害問題が起きていることを知り、主に捕獲の観点から対策に携わりたいと考え入所しました。
現在は南アルプスでのニホンジカ捕獲業務を始め、様々な現場に赴き、主にわなや銃器による捕獲について日々学んでいます。
他にも法律などの勉強や射撃練習など、やるべきことはたくさんありますが、非常にやりがいを感じられる職場です。

二ノ宮 康介 鳥獣被害防止部所属 2018年採用

野生動物管理の最前線で働く

学生時代に野生動物管理という分野に惹かれ、自然研に入社しました。
自然研では野生動物の管理捕獲の他、捕獲技術開発やそれに関連する調査などの併せて行っています。
個体数のコントロールだけでなく、島嶼での外来生物根絶作業や高標高地域での捕獲検討など、野生動物管理の最前線で働ける職場です。
これから大きく発展していく分野ですので、その開拓者として非常にやりがいをもてる仕事です。

鈴木 奈津子 鳥獣被害防止部所属 2021年採用

自分自身の野生動物に対する視野が広がる

趣味の狩猟の世界だけでなく、より深く自然環境や人間の生活と関わる捕獲に携わりたいと思い入所しました。
業務では主に、わなを使用したニホンジカの捕獲現場はもちろん、自動撮影カメラを使用したニホンジカの生息状況の調査、データの集計等も担当しています。
自然研では幅広い業務に携わる事が出来る為、自分自身の野生動物に対する視野が広がります。

ページの先頭へ